心理カウンセラーになるには? byカウンセリング歴27年者

最近「心理カウンセラーになるにはどうしたらいいですか?」といった類の質問をもらうことが多くなりました。せっかくですのでカウンセリング歴27年を振り返りつつ、現在の考えをブログに書いておきたいと思います。私に質問をされた方は、こちらを見るようにして下さい(笑)

心理カウンセラーになるには、どうしていくのがよいでしょうか?”・・・このことについて書いていきたいと思います。

ただし、これはあくまで私の個人的な考えですので、そのつもりでお願いします
m(_ _)m

私自身は、当時珍しかった大学の心理系の学部を一応卒業はしているのですが、私を含め私の周りで、いわゆる心理職に就職した者は誰もいませんでした。

確か求人自体がほとんどなかったように思いますので、卒業後は心理カウンセリングとは全く関係のない仕事に就くか、大学院の心理学部へ進学するか、大きく選択肢は
2つでしたね。

心理カウンセリングの勉強自体は、とても面白くまじめに勉強をしていましたが
(他は正直適当…)、大学院に進学してあと2年から4年間という時間を勉強に費やすだけの経済的な余裕と、そこまでの熱意はありませんでした。

ちなみに大学院は、基本的に研究をするところですから、心理カウンセラーとしての技術の習得は難しいと思います。

この心理カウンセラーを取り巻く環境は、実は今でもそう大きくは変わっていないと思います。

例えば大学院を出て、臨床心理士の資格を取ればすごいとは思いますが、時間とお金がかかり過ぎる点や、現実問題として働きながら通うことが難しい点、また、意外にも資格を取った後でも仕事に就ける可能性はあまり変わらない点など、苦労した割に心理カウンセラーになるには報われない現状があります。

私としてはどうせ苦労をするのなら、いっそのこと精神科医や心療内科医を目指した方がいいと思います。
心理カウンセラーになるには?2_250
薬を使った治療ができるメリットははかり知れませんから。

ただ、そこまでのものを望まないのならば、私のように野に下って“良き悩み相談相手”としての心理カウンセラーを目指すのもアリだとは思います。

大学の講義レベルの勉強なら、専門書籍を購入したり図書館で借りたりすればほとんどカバーできますし、わかりづらいようなら当サイトで紹介しているような信用のおける機関でも学べます。

カウンセリングルームも、今は
SOHOの事務業者向けのビルの一室を活用して運営していますが(ご存知の方はわかりますよね)、始めた頃は自宅のリビングでしたけれど、それで十分だと思います。
心理カウンセラーになるには?12_250
実際、特に問題が起きたこととかないですしね。

27
年間やってきて思うのは、最終的にお客さん(カウンセラーの場合はクライエント)は、学歴や資格につくのではなく、あくまでカウンセラーの人柄といった人間的な部分につくものなのだなぁということです。

心理の専門用語などは、たくさん知ってるにこしたことはありませんが、それを目当てにやって来る人なんてまずいないので
()

スタートは心理カウンセリング全般を広く浅く学び、その中から興味のわいたものを選んで掘り下げて勉強をしていくのが良いのではないでしょうか。

技法や技術にしても、優れた心理カウンセラーはせいぜい
2つか3つぐらいのものを徹底して身につけておられている方が多いように思います。

心理カウンセラーになるにはいろいろな方法があると思いますが、少しでも参考にしてもらえましたら幸いです
m(_ _)m

あと、心理カウンセラーに興味を持たれた方は、まずはいろいろと無料の資料請求をされてみて、比較検討などをされるのが良いと思います。


心理カウンセラーの
↓↓無料資料請求ができる便利なサイト↓↓





















    このエントリーをはてなブックマークに追加

心理カウンセラーになるには?10
当サイト
(心理カウンセラーになるには?byカウンセリング歴27年者)の管理人です。

20
代の後半くらいから、ボチボチとカウンセリングをするようになりました。

一時休んでいた時期もありますが、間もなく還暦です。

会社を定年退職したら、平日の昼間もカウンセリングをしようかなと思っています。

ちなみに会社自体は、心理学にもカウンセリングにも関係のない会社なのですが、私自身は人事課におりますことから、よく従業員のよもやま相談にのる機会は多いですし、年下の管理職も増えてきたので、彼らと話をすることも少なくありません。

いろいろな部署をまわり、
40代に入ってからは今の人事課におりますので、早15年以上いることになりますね。

私にとって最高の職場なのかどうかはわかりませんが、社風もいいですし、おおむね今は定刻に帰れて、土日祝日を中心に有給休暇もあわせれば年間
150日は休みがあるので、カウンセリングに割ける時間も結構豊富です。

それにしても、昔は心理カウンセラーなんてまったく世間から知られない職業だったのに、今は逆に聞いたこともないなんていう人は少ないと思いますから、その辺りは時代の流れを感じます。

今回は“心理カウンセラーになるにはどうしたらいいのか
?”という、多くのご質問に回答をさせて頂く形で投稿いたしました


あと、心理カウンセラーに興味を持たれた方は、まずはいろいろと無料の資料請求をされてみて、比較検討などをされるのが良いと思います。


心理カウンセラーの
↓↓無料資料請求ができる便利なサイト↓↓





















    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ