当サイト(心理カウンセラーになるには?byカウンセリング歴27年者)の管理人です。

何十年も心理カウンセラーとしてカウンセリングをしてきた中で、自分なりの格言と言いますか座右の銘のようなものがいくつかあるのですが、今回タイトルにさせてもらいました『人は変わるけれども、簡単には変わらない』もその一つだったりします。

心理カウンセリングの基本的な考え方は、“相手を変えようとするのではなく、自分を変えていこう”というものです。

なので、ほとんどの理論がこの考えを前提にしているのですが、正直なところ難しいもので、ある意味理想論のようなものでもあります。

髪型や服装などの外見を変えることは比較的容易なことだとは思いますが、そもそもその人自身の内面
(ものの考え方とか捉え方)は、通常何十年という時間をかけて生成されたその人そのものを表す大切な要素なわけですから、事故などに巻き込まれるといった衝撃的な体験に直面するといったことでもない限り、いきなり変わるものではありませんし、もしいきなり変わったとしたら逆に危険なことだとも言えるでしょう。

また、自分一人の力でやっていくことは、とても大変な作業です。

だから、心理カウンセラーという援助者のサポートを使いながら進めていったりするのですが、“
3歩進んで2歩下がる”という演歌の歌詞のような状況を作りながら、時間をかけて進めていきます。

それでも変わったようでまったく変わっていかなかったりすると、がっかりすることもあるのですが、人とは自分も含めて元来そういうものですし、心理カウンセラーとしてぶれないためにも、適宜この言葉を思い起こすようにしています。


あと、心理カウンセラーに興味を持たれた方は、まずはいろいろと無料の資料請求をされてみて、比較検討などをされるのが良いと思います。


心理カウンセラーの
↓↓無料資料請求ができる便利なサイト↓↓