当サイト(心理カウンセラーになるには?byカウンセリング歴27年者)の管理人です。

得意不得意と言うとちょっとニュアンスが違うかもしれませんが、どんな心理カウンセラーにも多かれ少なかれ“得意とするジャンルの相談”や“苦手なタイプのクライエント”というものはあるように思います。

カウンセリング史に名を残すようなグレイトカウンセラー
(私の造語です)であっても、その回顧録などを読むとそういった記述を見つけることができたりします。

管理人の場合、“誰かに連れて来られたクライエント”というのが不得手なタイプで、可能ならばお断りしたいというのが本当のところです。

よくあるケースとしては、“親に連れて来られた子供”や“職場の上司に連れて来られた部下”というのがこれに当たります。

同じように感じている心理カウンセラーって結構いるんじゃないかなっと思うのですが、不得手な理由は自分の意思で来ていないクライエントは、本当の意味でのカウンセリング
=カウンセリング本編(こちらも私の造語です)が始まるまでに、結構な時間や労力を要するからです。

また、始まったとしてもすぐにまた序章のような状態に戻ることが多く、正直無駄に骨が折れる感じがするんですよね。

品行方正なカウンセラーは、それもカウンセリングだし心理カウンセラーの力量次第だ、などと言ったりしていて、理屈はよくわかるのですが
(ロジェリアンに多い気がします)、連れてきた人への応対も含めたトライアングル的な交渉って何だか落ち着きません。

これも自分に課せられたテーマなのでしょうかね。


あと、心理カウンセラーに興味を持たれた方は、まずはいろいろと無料の資料請求をされてみて、比較検討などをされるのが良いと思います。


心理カウンセラーの
↓↓無料資料請求ができる便利なサイト↓↓